2009年07月31日

デリヘル嬢体験談

そろそろ休みが欲しい某社社員です。


今日はこの前書けなかった副業での出来事です。

「到着したらワンコールして、こちらの連絡があるまで女の子降ろさないでくれ。」

と、言われました。お客様によっては周囲にデリを頼んでる事を知られたくないらしく、連絡を受けたらカギを開けるから”静かに”入ってきてという人が居ます。

ところが―

「特殊な趣味を自称する初見の客」
どんな趣味なのか聞いたが、教えてもらえないという…断れよ店長……

「女の子と一緒にドアのところまで行って人物と部屋の中チェック」
ヤバイと感じたらこちらの判断で引き返してくれとの事…

「待機では目の前に張り付いていつでも突入できる様にしておいて」
突入!!キイテナイヨ…どうやって嬢の危険を察知しろというのかも不明。

そして女の子を不安がらせない為に、黙っていてくれという…酷いですよね。それは無いと思い、自分は即座に女の子に正直に話しました。そして女の子と打ち合わせもしました。

まず、女の子自身の判断もしてもらう事にしました。
お客様を見て、無理そうだと思ったらお客様から見えないように背中を2回叩く=NG

そして、お客様のところへ

出てきたのは”いかにも爽やかな青年”
ん〜危険は感じない…や、爽やかすぎて逆に怪しいと言えなくも無いのかな…女の子からの合図もない。

さり気なく確認しろと店からは言われましたが、女の子との打ち合わせ通り、堂々と部屋確認宣言。
「失礼ですが、”女の子の安全を確認する為”、部屋の中を拝見させてもらってもよろしいですか?」

”特殊な趣味”を自称した自覚があるのか、あっさりと中に通されました。
片付いていて綺麗な部屋…机の端に少しだけ工具(ハンマー、バール、ドライバーなど)が置いてあるのが目に留まりましたが、それ以外は特に危険そうなものはなく…女の子のやってみるサイン(背中を2回引っ張る)が出たので自分は退室しました。

そして、すぐ目の前で眠れない待機……そして―



次回「デリヘル嬢体験談2」
特殊な趣味解決編でっ
posted by 某社社員 at 14:31| Comment(1) | デリヘルドライバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これ真似したら成功した。二度と晒さんよ、ほれ。

http://www.taniguchi5.com/aihara.html
Posted by 風俗オヤジ at 2010年06月22日 15:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。